中田一真の「ブログde日記もどき」

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その14・最終回 アオジ&キジバト)

171217mybook2017015_filtered.jpg
アオジ(左頁)、キジバト(右頁)

2週間にわたってご覧頂きました今年のマイブックセレクションも今宵で最終回。最後は雪の中の鳥のページで。

毎冬思案する寒さの表現。昨シーズンは雪の日が比較的多く、3~4日分、雪の写真を撮りためることができました。雪の日に撮りに行こうと思う生き物は、間違いなく鳥。珍しい鳥、綺麗な鳥である必要はありません。普通の鳥たちが身近な場所で、雪の中、生き抜いている様を撮りたい。もう30年も続いているこの撮影習慣、もはや鳥屋と呼ばれることがなくなった私ですが、これだけは生涯変わらないのだろうなあと思います。

さて、2017年も残すところあと1日。今年も沢山の生き物たちに出会い撮影しました。でも、近所でもまだ会いたくて会えずにいる生き物が沢山います。撮り損ねた生き物ももちろん沢山。

来年はどんな出会いがあるでしょうか。準備を怠らず、新しいシーズンの始まりを楽しみにしましょう。

それでは皆様、どうぞよいお年を。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/30(土) 18:45:45|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その13 タヌキーズ&ヤマガラ)


タヌキ(左頁)、ヤマガラ(右頁)

今年もいくつか新しい機材を導入しました。この見開きはその機材で撮影したもの。左頁はエコルシステムさんのご協力でテストしているトレイルカメラのハイクカムによる写真。インターネット経由で撮影した画像が送信されてきます。リアルタイムとまではいきませんが、数分遅れ程度なので、それに近い感覚。今日は巣穴で何が起きているか、日々分かるこのワクワク感はすごいものがあります。この2号巣穴、いつもはアナグマが越冬用に使うのですが、11月初めにタヌキーズが占拠。ここ1週間はなぜかタヌキーズまで出て行ってしまい、空っぽになっています。

右頁はヤマガラ。この撮影に使用したのはD500+NIKKOR300mmF4E PF+TC14EⅢ。200-500mmで充分軽いと思っていましたが、この300mmは別格です。小さくて軽い。昔、生物研究会の先輩N川さんがペンタックスのM*300mmF4という当時の感覚ではとんでもなく小さい300mmを持っておられ、羨望のまなざしで見ておりました。この300mmF4E PFはそれを凌駕するサイズ、性能です。今では野鳥撮影は殆どこのレンズ、しかも手持ちです。そしてもう一つ忘れてはならない新機材が電動アシスト付自転車。D500+300mmをたすき掛けにして、自転車漕いで走り回るのが週末の機材点検&撮影の定番スタイルになりました。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/29(金) 22:36:36|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その12 イノシシ&アカネズミ)


イノシシ(左頁)、アカネズミ(右頁)

ニュータウンの森で今年起こった大きな出来事はまだあります。イノシシの初登場(左頁)。そこそこ立派なオスが、倒木劇場の舞台裏に現れました。結局、1日で姿を見せなくなりましたが、次に入って来ないとも限りません。この森がニュータウン周辺の森よりも貴重な点があるとすれば、それはイノシシとシカがいないので、植物の多様性が良好に保たれていることでしょう。イノシシの登場でそこがどう変わるのか。変わらないようでいて変わっていく森。周囲の山でイノシシが増えれば、やってくる可能性が高まるのも道理です。既にニュータウンでシカを目撃したとの情報もあります。これから生き物がどう動くのか、目が離せない出来事が続きます。

右頁は半年近くカメラを放置してようやく写ったアカネズミジャンプ。飛型点は低めですが、写ってくれただけ幸運だったと思いましょう。ちなみにこのカメラは今も仕掛けてあり、次のジャンプを待ち構えています。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/28(木) 19:09:52|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その11 アライグマ&台風21号の爪痕)

171217mybook2017012_filtered.jpg
アライグマ(左頁)、台風21号の爪痕(右頁)

今年の5月頃からカメラを仕掛け、ネズミを狙っている臨時の自動撮影装置5号機。お目当てのネズミはまともに写らず、時折別の動物が画面に割って入ります。アライグマはその筆頭格です。

そして、今年忘れることができないのは台風21号の猛威。これほどの暴風はかつて経験したことがありませんでした。家の中にいても揺れているような感覚。いつもの公園でも木がバタバタと倒れ、いや、風で樹冠を揺すられて幹の途中から折れたものも多く、台風の凄まじさを物語っていました。写真は倒れたコナラの巨木と、ぽっかりと見える青空。森はこうして更新するのかも、と思わせる光景でした。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/27(水) 20:37:28|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その10 ウラベニホテイシメジ&クサウラベニタケ)


ウラベニホテイシメジ(左頁)、クサウラベニタケ(右頁)

この秋は週末の度に雨でした。機材の点検も毎週雨の中。でも雨の日には雨の日の楽しみ方があります。キノコがどんどん生えてくるのです。キノコは胞子の発射装置。この秋も胞子の飛ぶ様子を撮影しました。毎年ライティングを試行錯誤していますが、今年進歩したのは傘より上に広がる胞子も写すことができたこと(左頁)。おまけに雨まで写ってくれました。

テーマ:きのこ - ジャンル:写真

  1. 2017/12/26(火) 21:43:14|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その9 タヌキ&テン)

171217mybook2017010_filtered.jpg
タヌキ幼獣(左頁)、テン幼獣(右頁)

今年、ニュータウンの森でタヌキもテンもアナグマも子育てをしました。トレイルカメラに4匹もの子テンが写ったのには驚きました。写真は自動撮影装置2号機に写った子ダヌキと子テン。夏の終わり、少し大きくなった彼らが同じ道を通る様子です。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/25(月) 20:37:08|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYBOOK2017でこの1年を振り返る(その8 カシノナガキクイムシ食痕&ハイロチョッキリ )


カシノナガキクイムシ食痕(左頁)、ハイロチョッキリ(右頁)

この1年の出来事の中で忘れてはいけないことの一つにカシノナガキクイムシ被害の拡大があげられます。昨年、ほんの数本の被害だったものが、今年は瞬く間に拡大。森の巨木が根こそぎ木くずを吹き出しました。まだ枯れていない木が多く、赤茶けた森にはなりませんでしたが、いつ枯死が始まるか分からない状態です。カシノナガキクイムシは在来種。森林飽和なんて、化石燃料への転換前には里では考えられない状態だったでしょうから、ついにわが世の春が来たと喜んでいるに違いありません。森がこれからどう変わっていくのか、記録し続けようと決意を新たにしています。

右頁はハイイロチョッキリ。長年、なぜか地元では撮れない虫でした。今年ようやくその姿を確認。このハイイロチョッキリももしかするとカシノナガキクイムシの間接的な被害者になってしまうかも知れません。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/24(日) 19:01:11|
  2. 棚からマイブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
身近な野鳥を観察しています。二児の父です。
ホームページはこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt

ツイッター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター